Tozen Union Joins Contingent Worker Alliance for Demo, Presser

 Tokyo, Feb. 9, 2024 – Tozen Union

  • Tozen Union and other unions in the Hiseiki Shunto Alliance demanded that Keidanren (Japan Business Federation) stop exploiting those working on fixed-term, temporary, day-labor, short-hour, outsourcing and other contracts lacking job or income security.
  • The contingent workers unions staged a protest in front of federation’s Tokyo headquarters in front of several major news outlets before then moving to a press conference on the ninth floor of the Ministry of Health, Welfare and Labor.


Tozen fights back against Gaba’s vicious penalties

On Monday 4th December 2023, members of Tozen’s Gaba local took to the streets to protest and fight for their wellbeing.

The video below includes speeches from organiser Louis Carlet, Gaba local President Musashi Sakazaki, and Gaba local General Secretary Mitch Brown.

 

Mainichi Shimbun cover Tozen’s fight for 10% pay rise

Article written by 東海林智, and originally featured here.

「10%以上の賃上げを」非正規労働者ら、春闘に向け団体設立

非正規労働者らを多く組織する個人加盟が中心の労働組合や地域労組が4日、2024年春闘へ向けた共闘組織「非正規春闘実行委員会」を設立した。物価高による生活苦が社会に広がる中、一律10%以上の賃上げを方針に掲げた。実行委は「一人でも賃上げを求め声を上げることはできる。一緒に賃金を上げよう」と呼びかけた。

非正規労働者の賃上げに特化した取り組みは今春に続き2度目。東京都内で活動する全国一般東京ゼネラルユニオン、首都圏青年ユニオン、全国一般東京東部労組、総合サポートユニオンなどで実行委を結成。全国各地から計20労組が参加する。参加労組は23年春闘から三つ増えた。

この日は、春闘方針を発表した。①一律10%以上の賃上げ②正規と非正規の均等待遇③全国一律最低賃金1500円の即時実現――などを要求する。賃上げ要求は23年春闘の10%に「以上」を付けて増額を目指す。実行委の青木耕太郎さんは「物価上昇の中、生活できる賃金を考えれば10%でも足りない人もいる。生活実態から要求を考え『以上』をつけた」と説明した。

23年春闘では、飲食店やスーパーなど36社と団体交渉。ストライキをしたり、協力して会社の前で宣伝をしたりして、16社から有額の回答を得た。飲食店で時給200円(17%)▽スーパーで非正規労働者9000人に5・44%▽靴販売店で同5000人に6%の賃上げを実現した。24年春闘では要求の輪を広げたいとしている。実行委は「要求しなければ賃金は上がらない。低賃金に悩んでいる人は相談してほしい」とアピールしている。

Gaba Teachers Interviewed

Gaba is forcing teachers to register as “qualified invoice issuers” in order to shift a new tax burden onto those who provide Gaba’s main service.
Podcaster Ryan Michaels grills Tozen Gaba Workers Union leader Musashi Sakazaki and union rep Louis Carlet on the details.From the notes on the show:
Ryan welcomes a panel from Japan’s Tozen union to discuss working conditions at a prominent English school (eikaiwa) in Japan. A slew of bad policy decisions from Gaba Corporation including forcing instructors (treated as independent contractors by the corporation) into a qualified invoice system, has led to union action and recent strikes. Another new horrific policy announcement would see teachers fined per lesson if they become unable to teach, which could even result in a negative paycheck. In addition to demanding an end to the qualified invoice system requirements, Gaba Instructors, who have not received a raise since 2008, are fighting for a modest raise of 200 yen per lesson ($1.33 U.S. as of the currency exchange rate on 11/06/23). Ryan and the panel discuss the importance of unions, past victories Tozen has achieved for workers, and how Gaba instructors as well as counselors can join the union and strengthen bargaining power in the fight for fair working conditions. Tozen union panel guests include the Tozen Union Gaba Workers Union Executive President Musashi Sakazaki, Tozen Union Gaba Workers Union General Secretary Mitch Brown, Tozen Union Gaba Workers Union Member Paul Bowen, and Tozen Union Deputy Finance Officer and Organizer Louis Carlet.

Gaba to fine teachers when ill

As seen on Reddit:

Gaba recently announced new penalties on teachers who cancel lessons (tell Gaba they cannot work), even if the teacher is seriously ill or injured.
Fines increase with shorter notice and can be up to 6,500 yen PER LESSON, on top of not gettting paid for the work.

For inquiries please contact Tozen Union representative Louis Carlet at tozen.carlet@gmail.com

Tozen Daigaku: Civil Service Trade Union Rights (Fiscal Year Appointee System)

In April of 2020, the Japanese government amended local civil service law, reclassifying direct hire ALTs at public schools as “fiscal year appointees.” This so-called reform stripped these ALTs, and all others who labour under the new classification, of their trade union rights. Fiscal year appointees in the new system can no longer demand collective bargaining, conclude agreements with management, or enter into labour disputes. As a result, our ALTs who work for the Tokyo Board of Education were stripped of their right to collective bargaining.

2020年4月、日本政府は地方公務員法を改正し、公立学校において直接雇用されているALT講師を「会計年度任用職員」に再分類しました。 この変更は、これらのALT講師と、新しい分類の下で働くすべての労働者から労働組合の権利を剥奪するものでした。この新しい制度の下では、会計年度任用職員は団体交渉を要求したり、経営陣と協定を締結したり、労働争議をすることができなくなります。その結果として、東京教育委員会に勤務するALT講師は団体交渉権を剥奪されました。

Tozen Union is fighting back.
東ゼン労組はこれに闘います。

私たちの闘いの応援と、寄付をお願いします!
Please support our fight and donate:
https://www.call4.jp/info.php?type=items&id=I0000116

そごう・西武労働組合のストライキの支持表明 Tozen Supports the Sogo Seibu Strike

東ゼン労組は、そごう・西武労働組合(寺岡泰博執行委員長)が、本日、2023年8月31日のストライキ権行使を通知したとの報道を受け、同じく連合傘下の労働組合として、当該ストライキを全面的に支持することをここに表明します。

親会社セブン&アイ・ホールディングスは、そごう・西武を米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループに売却することを決定しましたが、組合は労働者の雇用の喪失を強く懸念し、売却に反対の意思を示しています。近年企業買収の動きが活発化していますが、その過程で労働者の声がかき消されるようなことは断じて許されません。労働者を軽視した経営陣の強引な姿勢に対しては、ストライキ権を行使し徹底的に闘うべきであり、今回、勇気をもってストライキを決意したそごう・西武労働組合に対して、深甚の連帯を示したいと思います。

東ゼン労組も現在、多くの支部で組合員たちがストライキを打って闘っています。大手デパートでは1962年の阪神百貨店以来、実に60年ぶりといわれる今回のストライキ。職種は違えども、同じ労働者として心は常に共に、労働者の権利を守り抜くために最後まで闘う所存です。

全国一般東京ゼネラルユニオン(東ゼン労組)

(連合東京加盟)
執行委員長 奥貫 妃文

Asahi Shimbun covers Tozen’s Invoice System fight

The original article can be found here.

大手英会話教室で起きたストライキ インボイス、負担増めぐり綱引き

英会話教室「Gaba」の講師、阪崎武蔵さん(45)は、教室の運営会社から届いた一通の英文メールを見て目を丸くした。

10月1日以降も同様に取引を継続するために、インボイス発行者への登録を義務づけます――。

とてもやすやすと受け入れられる内容ではなかった。

阪崎さんは週4~5日Gabaで講師として働く。その月収の約16万円に加え、カメラマンの仕事もしているが、年収は250万~300万円ほどだ。最近は物価が上がっているから、相対的に生活は苦しさを増す。

業務委託契約、そのこころは…

Gabaの場合、運営会社は阪崎さんら講師を雇用するのではなく、英語を教える業務を委託する契約形態を採っている。それによって、講師は仕事以外の関心事を自由に追いかけることができる、と運営会社はホームページで説明している。

報酬は、レッスンサービスの対価などという形で支払われる。

消費税は売り上げに含まれる消費税から仕入れに含まれる消費税を控除して納める仕組み。レッスンサービスの対価には消費税が含まれるため、運営会社はその分だけ税控除を受けることができた。

しかし10月以降、この税控除を受けるためには、運営会社は講師から「インボイス」(適格請求書)の発行を受ける必要が生じる。

インボイスが発行できるのは、消費税の納税義務がある「課税事業者」だけ。阪崎さんら講師の多くは年間売り上げが1千万円以下で納税が免除されている一方、インボイスは発行できない「免税事業者」だ。

運営会社から阪崎さんら講師に、冒頭のメールが届いたのは今年3月。免税事業者が取引先だと、運営会社は税控除が受けられず負担が増してしまうから、講師はインボイス発行者として登録してほしい、というのがその趣旨だった。

運営会社の求めに応じて、インボイスを発行するために課税事業者になれば、これまで免除されてきた消費税の納税義務が生じる。

闘病中の母 会いに帰りたくても

阪崎さんの場合、新たな納税による負担は1回分の帰国費用に相当する。母国のアメリカではがんの治療を受ける78歳の母が待つが、会う頻度を減らさざるを得ない。

運営会社は登録した講師に対し、時間帯や講師のレベルによっては1コマの報酬を20円値上げするという。ただ、報酬の最低ラインが1500円であることを考えると、新たな負担分を賄うには不十分だという。

課税事業者にならなければ、将来的には契約を解除される道しか残されていない。インボイス制度への登録は「強制」にほかならない。阪崎さんはそう感じている。

「目先のわずかな昇給で、急いで登録させようとすることが、不誠実だと感じた。従わない者はいなくなって構わないという姿勢も悲しい」と阪崎さん。

講師の一部は7月に3回にわたり一日中授業をしないストライキに踏み切り、東京・有楽町でデモを開いて「インボイス制度に登録することを強要しないで」などと声をからした。運営会社に対しては団体交渉も続ける。

だが、進展はない。

「登録しないと契約を切るのはあまりにひどい。大好きな生徒たちのためにも続けたいが、フェアな環境でなければ難しい」。阪崎さんは現在、日本を離れることも視野に入れる。

 

新たな税負担「難しい」

ただ、運営会社側の台所事情も切実だ。「GABA」によると、同社と業務委託契約を結ぶ講師は約800人。1レッスン(40分)あたりの単価(1500~2400円)は「同業他社を上回る契約条件」だという。

同社によると、講師がインボイス制度に登録しない場合でも、半年間の契約を結べる。ただ、それは「期間中の検討猶予をもって判断いただけるよう設定」したもので、1回限り。期間が過ぎてなお制度への登録がなければ、契約解除となる。

同社は「講師が免税事業者のままとなった場合、仕入れ税額控除を受けることができない。新たに税負担をすることが、現状は難しいと判断した」という。

制度に登録した講師に対して1コマの報酬を20円値上げした狙いは、「税額負担感が強いと思われる報酬対象者に対し、少しでも負担感を軽減できれば」。

インボイス制度への導入手続きの中止を求められていることについては、「弊社としても導入にあたり講師へご理解をいただけるよう努めたい」とした。(前田健汰)

Tozen Gaba Workers Union steps up dispute for higher wages, against forced registration

Tozen Union and its local Gaba Workers Union protested today (Tuesday, July 18, 2023) in front of language school Gaba’s Fujisawa Learning Studio.

A dozen teachers braved searing heat on the streets of Fujisawa, demanding a 200/yen per lesson raise and that Gaba stop pushing instructors to register as an “invoice-issuing business.” The language school does this to shift a new tax burden onto its low-paid teachers who would have to pay consumption tax they are currently exempt from paying. The company threatens lower pay and even firing to those instructors who fail to comply.

The company already treats instructors as private businesses on gyomu itaku contracts in order to avoid all obligations under labor law. The company claims to outsourceg its main business – teaching English. It’s not clear then what Gaba does as its business.

Gaba instructors have not had a raise since 2008, and and need one now more than ever due to recent inflation.

For more info on how to support us, contact union rep Louis Carlet at tozen.carlet@gmail.com.

Oser s’opposer au licenciement abusif du Lycée Français International de Tokyo!

~Avis de licenciement adressé au personnel de la cafétéria qui préparait les repas des élèves depuis des décennies…

En décembre 2022, deux membres de la branche UPL du syndicat Tozen, qui préparaient depuis longtemps les repas pour de nombreux élèves à la cafétéria du Lycée Français International de Tokyo (LFIT), ont soudainement perdu leur emploi l’année dernière.

Read more