Apple Japan労組の2022年要求

最近、世界中のアップルリテールスタッフは労働者の団結権を行使しています。2014年から日本でアップルジャパンの社員は全国一般東京ゼネラルユニオン(東ゼン労組)の支部を結成しました。労働者は経営者と団体交渉しています。組合に加盟して、組合員の仲間と一緒に経営側と交渉することによってアップルジャパンの職場をより良くしましょう。

アップルジャパンの従業員が結成された組合の正式名は:
The official name of the union established by Apple retail workers is:

全国一般東京ゼネラルユニオンアップルジャパン支部
Zenkoku Ippan Tokyo General Union Apple Japan Local

組合の通称は:
Our nickname is:

アップルジャパンホームインポルーブメントチーム(家の修繕チーム)
Apple Japan’s Home Improvement Team

支部は東ゼン労組に所属しています。
Our local is part of Tozen Union.
正式に東ゼン労組は、連合東京に加盟しています。
Tozen Union is officially a part of Rengo Tokyo.

なお、AppleTogetherという世界の連帯組合組織にも加盟しています。

ご興味のあるスタッフ(AHAも修理デポも含み)を募集しております。詳しくは
apple@tozenunion.org
に気軽にご連絡下さい。

現在の要求(2022)
Current demands for 2022

1) 会社は、全ての従業員に対して給料1ヶ月分に値する夏季および冬季の賞与を支給すること。
Company pay summer and winter bonuses for all employees equal to that of one month salary (total two months).

2) 会社は勤続3ヵ月を超えた非常勤の職員に対して、週40時間の雇用を認めること。
Company offer an automatic transition from part-time status to full time status (40 hours per week) after a three month period.

3) 会社は、会社施設内での組合の相互連絡、ニュース・ビラの配布、会議室使用などの組合活動を許可すること。また、各店舗の職員室において、組合業務のための掲示板をーつ貸与すること。
The company permit the distribution of flyers, newsletters and other Union correspondence on company premises as well as the use of company meeting rooms for Union activities. Further, the company provide a bulletin board in the staff room of each store for the use of the Union. 

4)会社は、組合員の人事異動、懲戒処分、解雇(「再契約拒絶」など、本人の意思に反するあらゆる契約終了を含む)を行う場合、会社の方針を変える場合、事前に組合ならびに支部に通知し、協議の上、同意を得て実施すること。 The company inform, negotiate with and obtain agreement from Union and Local before any policy changes or transfers, disciplinary measures or dismissal of any Union member; including non-renewal and all forms of severance against the wishes of the Union member.

5) 会社は、カリフォルニア州と台湾と韓国と香港と中国にあるリテール店舗と同様に従業員の昼休暇においては、45分から1時間に戻し、15分有給「レスポ」において二つに増やすこと。As in California, China, Korea, Hong Kong, and Taiwan, company change the lunch break from 45 minutes back to one hour and increase the paid 15 minute breaks from one to two.   

6) 会社は、昼休みの時間について、通常の賃金を支給すること。
The Company pay its usual wages for the time comprising lunch breaks.

7) 会社は、全ての従業員に対して、時給1000円の賃上げを認めること。
The Company raises wages for all employees by 1000円 per hour.

8) 会社は、労働基準法に基づき、従業員ごとに週休(法定休日)を定めること。
The Company designate a weekly day off (statutory holiday) for each employee in accordance with Labor Standards Law.

9) 会社は、従業員が夜のシフトで勤務する場合、同従業員が同意しない限り、翌日の朝のシフトにスケジュールしないこと。
If a staff member works an evening shift, the company will not schedule that staff member to a morning shift the following day unless the staff member agrees.

10) 会社は、団体交渉の期日の同時刻に組合員が会社における仕事を予定している場合、同組合員の団交への出席を許可し、賃金を減額しないこと。
If a union member has work scheduled for the same time as a collective bargaining session, the Company will permit that member to attend CB and not reduce the member’s wages.